iPhoneで通話をしているときに重要なのが、相手の声の聞き取りやすさです。声の音量を調整したいと思ったときに受話音量を上げる、または下げる方法、さらに必要に応じて自分側の声や音を通話している相手に聞こえないよう、iPhoneを消音に設定する方法を紹介します。

iPhoneはアプリやLINEなど便利機能を持ち合わせています。 しかし、一言で言えばiPhoneは電話。通話をするものです。 iPhoneの通話音量について、この記事では解説します。 iPhoneには音量ボタンがありますが、あのボタンで通話音量は変えられるのか。気になっている方は、ご覧ください。 iPhoneの音が小さい場合は、まずはどの音量が小さいのかを見極めましょう。 iPhoneを修理に出す際は、事前にデータのバックアップを取っておくと修理がスムーズの進むので、なるべく来店前にバックアップを済ますことをおすすめします。 まとめ. 1、iPhoneの受話音量が小さい.
iPhoneの音量が小さくて困るという問題は、意外と多いようだ。その解決方法について、2週間に渡っ調査渡って調べた結果、意外な事が原因になっていた事が判明。新品のiPhoneの音量が小さくて困ってい … iPhoneで通話時に、音量ボタンを上げてみてください。もし、音量上げるボタンが反応しないなら、リカバリーモードからiPhoneを修復します。 2、レシーバー(受話)部分の問題で電話が聞こえない 電波もいいのになぜか通話中の相手の声が聞こえにくい・・・これは電話の故障ではなく、意外なところに原因がある場合がほとんどです。音量レベルが小さい、保護フィルムが被っている等こちらに記載している項目に当てはまらないかチェックしてみましょう。