これはアイキャッチ画像を現在のサイズで作成しなおしてくれるプラグインです。 それではプラグインのインストールから行います。WordPressにログイン後、画面左側の「プラグイン」メニューの中にある「新規追加」メニューをクリックして下さい。 そう。 WordPressには1つのアイキャッチ画像に対して、標準では3種類の大きさのサムネイルを自動生成する機能があります。 英語圏では、アイキャッチのことを「post thumbnail」(投稿サムネイル)や「Featured Image」と呼ぶようです。

Wordpressで、投稿のアイキャッチ画像のURL(文字列)を一発で取得する関数「get_the_post_thumbnail_url」が、Wordpress version4.4 でついにリリースされました!(2017年12月) やった〜。逆になんでいままでなかったのでしょうか。 胸のつかえが取れた気分です。

WordPressでは、投稿ごとにアイキャッチ画像(サムネイル)を入れることが出来ます。 記事で最も最初に目に付くのがアイキャッチ画像であり、記事の内容を一目で伝えるために設置しようとする人も多いと思います。 今回は、そのアイキャッチ画像の設定方法についてまとめましたので紹介します。 どうして、サムネイルが表示できなかったかなのだけど、 原因としては. WordPress のサムネイルは、画像をアップロードした時に設定画面のサムネイルサイズ設定値に基づいて自動的に作成されます. Top 10 WordPress Popular Posts サムネイル・カテゴリの表示の切り替えなど、自由にカスタマイズすることが可能です。 サムネイルに使用する画像をアイキャッチ画像や記事内の最初の画像などから選べる機能も備わっています。 そもそも、Worspressがデフォルトで作成するfeedには、画像が含まれていなかった; 入れていたタグが、アイキャッチではなく、投稿の一番目の画像を取得する仕様だった サムネイル再作成. 拡張アイキャッチ等のサムネイル画像を活用するためには、サムネイルの再作成機能が不可欠です. WordPressのアイキャッチ画像はユーザーの目を惹かせるために非常に効果的な反面、「めんどう」でもあります。本記事ではそんなアイキャッチ画像を管理画面から超かんたんに、しかも無料で使える便利なプラグインを紹介します。 投稿サムネイルとは、バージョン 2.9 から導入されたテーマ機能で、バージョン 3.0 以降はアイキャッチ画像と呼ばれています。 これは、ブログ投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプを視覚的に描写するために選択された画像のことです。