WordPressの記事内でPHPを実行できると、記事に表示できるコンテンツの幅が増えます。今回はPHPソースコードの実行例を記事内に表示する方法をまとめました。

例)お知らせ用カテゴリ、お知らせ用タグ ... (補足)functions.phpで作成する方法. BackWPup2. WordPressのテーマファイルを自作・カスタマイズできる人は、functions.phpからでもカスタム投稿を作成することができま … こんにちは(‘ω’)ノ 今回はWordpressに目次を付けてみましょう! そもそも目次って必要な[…] 【超初心者】WordPressのプラグイン-BackWPup設定 2018.08.25. ①ファイルのバックアップ作成2.0.1. WordPressで目次を付けるプラグインTable of Contents Plus 2018.09.24. 今回はホームページのトップ画面に「お知らせ」コーナーを設置したお話。プラグインで簡単に出来ます。ホームページだけでなくブログにも設置してプロモーション活動にも使えます。 目次 1. WordPressバージョン5.1より、古いバージョンのPHPを使用している場合に警告が表示されるようになりました。 対象バージョンはさくらのレンタルサーバでは5.6以下となります。 ページの先頭へ 投稿の本文を表示するには、the_content()を使用します。出力せず、文字列として取得するには、get_the_content()を使います。 WordPressを使い始めたばかりのとき、よくわからなくて困ったのがWordPressで使用するテンプレートファイル。 こっちの本では .phpを使ってるけど、あっちの本では××.phpを使ってる! かと思ったらindex.phpにif文で分岐させて表示してるのもある! PHPの更新が必要ですと表示されている場合. 普通のWordPressユーザーなら、PHPなんてまず意識しません。そういうのを全く意識せずに使えるのがWPの売りなのででも中級者~上級者になると、PHPを埋め込みしたい場面 もあるはずです。そんな時に便利だったのが PHP Everywh