Sub テスト() Dim window1 As Window Set window1 = Application.Windows("2005年成績.xls") window1.Activate End Sub 上記マクロを実行すると次のようになります。 Excel VBA入門の他の記事を … Windowオブジェクトは、ブックやシートの見方を変えることのできるもので、エクセルで「ウインドウ」と表現されているものをマクロVBAで扱う時のオブジェクトになります。エクセルのリボンでは「新しいウインドウ」や「ウインドウ枠」といった言葉で表現されているものです。

【戻るブックをオブジェクト変数に格納しておく方法】 Sub Sample1() Dim ReturnBook As Workbook Set ReturnBook = ActiveWorkbook Application.ScreenUpdating = False Workbooks.Open "Book2.xlsx" ReturnBook.Activate Application.ScreenUpdating = True End Sub 開いたブックを覚えておく Activate. VBAで実行するとどちらもセルを選択するため違いが分かりにくいのですが、Excel上のセルの選択操作を行った場合と同様の動きを実現するために2つのメソッドがあります。 Selectは選択範囲、Activateは …


RangeとCellsの使い方|VBA入門 3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門 4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門 5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門 6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門 7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門 8. 親オブジェクトとしてWindowオブジェクトを指定します。 Windowsプロパティの引数に参照したいウィンドウ名を指定することでもWindowオブジェクトとして扱うことができます。

構文. Windowオブジェクト. win98、エクセル2000を使用しています。VBA初心者です。前年のファイルのデータを次年度にコピーしたいのです。変数を使って前年を動的に選択したいので、わからないながら、下記のように書いてみました。とりあえず、Workbooks.Open fNa エクセルのVBAでWindows("book1.xls").Activateが何か所もあり、アクティブにするファイル名を変更したい場合に、全て手入力で変更しています。どこかで定義付けしておいて、その部分だけを変更すれば良いという事は可能でしょうか?誰か教えて下さい。よろしくお願いします。

Activate Windows(“ウィンドウ名”).