最近のモダンブラウザのJS実装には、Array#forEach や filter, map などがビルトインされている。 jQuery とかの each使うより、ネイティブ実装のほうが早そう。しかし forEach、filter、map の速度に違いがあるのかちょと気になったので実験してみた。 環境は Mac OS X… mapとforEachの速度比較. map の兄弟ポジションの reduce。配列の値を1つずつ取ってきて何かする、みたいな処理を書くときにすごく楽ですが、コールバックを取るのでちゃんと速度が出るのか不安です。 ソース. 今回は、配列データを便利に操作する「map」メソッドについてと、連想配列のようなデータを操作できるMapオブジェクトを学習します。 map()による繰り返し処理を基本から学びたい map()の出来ることが多彩で学習方法が分からない Mapオブジェクトについても学習しておきたい 次にmapとforEachの処理速度を比較してみましょう。 1〜1万までの整数を格納した配列を作成し、その配列の要素を2倍した新しい配列を作成する処理をmapとforEachで行い、Date.now()で速さを計測します。 forEach よりはさらに遅そうです。 reduce.

プログラミング言語の講義資料を作っていて行列積の速度を比較してみたのだが、C言語=1.8秒、Java=1.9秒、Python=18分、ChromeのJavaScript=3.6秒。型無しの言語仕様でここまでがんばるJavaScriptはすごい。ブラウザ間の熾烈な速度競争の結果。 forEach map. JavaScriptのアロー関数の記述方法に慣れていないと他の人が書いたコードを理解するのに時間がかかってしまいます。本文書ではアロー関数の記述方法の説明を行い、初心者が使い慣れていないmap, forEach関数も合わせて説明を行っています。 Mapオブジェクトに存在している要素が変更されたり、削除されたら、callbackに渡される値はforEachが処理する直前の値です。削除された要素は処理されません。 forEachはMapオブジェクトの要素に対して一回callback関数を実行します。値を返しません。 3 番目、Array ... (この書換えによって、パフォーマンスに大きく差異がでる程のループ処理を JavaScript 上で行う必要がある時点でサービス全体の設計に問題がある気が…) さて、明日は @ttokutake さんです。 (╹ ╹) 5回やって平均を取ります。