jpeg という画像形式では圧縮率を変更して保存することができます。この jpeg の圧縮率はスピードと圧縮率のトレードオフではなく、品質と圧縮率のトレードオフになっています。要するに、jpeg でファイルを小さくしようと思ったらそれだけ画質が落ちます。

デジタルカメラのデータ形式、多くの方が「jpeg」で撮っているかと思います!jpegで写真を撮っていると、出てくるのが「圧縮率」です。「jpegの圧縮率ってなに?」「どれくらいが適切なの??」っていう疑問に、この記事で解説していす。 jpeg画像を「名前を付けて保存」する時の圧縮率の設定で、50%とか30%とかにするとファイルサイズがどんどん小さくなっていきます。これは、なんとなく理解します。しかし、100%で保存すると元のデータと同じサイズになるかと思ったら