IIS のチューニングをそろそろ開始しなければいけません。しかし、IIS のチューニング自体まじめにやった経験がありません。Windows Azure に Windows Server 2012 R2 でも作って、色々調査してみます。ふと、思ったんですが、仮想マシンの作成やたら高速になった気がするんですが、気のせいでし… IISの接続数制限について、何か正式なドキュメントまたはそれを定義している情報をご存じであればご教授ください。 インターネットで探してはいるのですが、色々な記事があり、どれが本当なのか疑わしい状態です。。 ちなみに知りたいのはWindows 7, 8.1, 10のクライアントOSのIISについてです。 全体的にCPU使用率を制限する場合、「Windowsキー+I」で設定を開き、システム>電源とスリープ>電源の追加設定>各電源プランの「プラン設定変更」>プロセッサの電源管理>最大のプロセッサの状態を100%から希望の%に下げます。 asp.netアプリケーションの実行時間の取得は「iisで稼働しているasp.netアプリケーションへの実行時間をパフォーマンスカウンターで測定する」の記事を参照してください。 処理待ち件数 キュー内で処理を待機していた時間をミリ秒単位で取得できます。 Windows10 で起動しているプロセス(アプリ)に CPUコアを割り当てる(変更する)方法を紹介します。 最近では、マルチコア・プロセッサー(CPU)を搭載しているパソコンが当たり前になってきまし … ASP.NETを用いたWebサイトをIIS上で運用した際、開発したアプリケーションが少しでも動いた後にアプリケーションを停止せずサイトを停止すると、ワーカープロセスが原因でCPUが100%となります。

Windows OSでは、アーキテクチャやエディションなどにより、利用可能なCPUの数やコア数、スレッド数(論理プロセッサ数)などに制限がある。

cpuでの制限間隔の設定は具体的に何を意味しますか?特定のcpu使用率を超えた場合、アプリケーションプールがリサイクルされるということですか? 「リサイクル」とはどういう意味ですか?アプリケーションは完全に解体され、再び起動しましたか?