面接で履歴書やes(エントリーシート)に書いた内容と同じ内容を話しても良いのか知りたい就活生は多いですよね。そこで本日の記事ではその回答を解説しました。結論としては同じことを話しても良いのですが、それが棒読みになることはngです。
こんにちは。ベターズキャリア編集部です。 やっと書類選考を突破しても次に面接という関門が待っていますよね。 なかには面接を受けているときに、 面接官の質問にうまく答えられなかったな。 最終面接で合格したかったけど、役員の反応が微妙だった。 最終面接の選考基準:徹底的な深掘りに注意! 第一志望である強い意思を示そう. 最終面接は役員レベルの社員4名と学生1人で行う個人面接です。過去には次のような質問がされました。 ・志望動機 ・作りたい番組のコンセプト 2 短所はあまり深掘りされない. 面接時間には限りがあります。面接官の立場になれば分かるのですが、学生の短所ばかり深掘りしていても、優秀な学生は獲得できません。 深掘り質問とは、面接で質問に答える求職者に対して、面接官が「なぜそのようにしたのですか?」、「その時どう思ったのですか?」と、話を深く掘り下げるような質問の仕方です。就職活動や転職活動の面接対策を支援する東京しごとセンターのアドバイザーが詳しく解説します。

面接官がメモを多く取っていたら、深掘り質問と同様、面接官が相手に興味を示している可能性があります。 メモを多く取るのは、選考の際に参考にできるように、相手の一つひとつの回答を忘れないためかもしれません。