賃貸物件を探す際によく目にする項目として“構造”があります。今回は、アパートの構造で多い「軽量鉄骨造」と「rc造」について、それぞれの特徴やメリット・デメリットを簡単に解説していきます。また家賃の安さ、遮音性の高さなどの視点から向き不向きもあわせて紹介します。 地震などの災害が多い日本で特に気になるのが、建物の耐震性です。鉄骨は弾性を持っているため、鉄骨造は耐震性に優れているといわれています。地震による力が建物に加わっても、鉄骨が変形することにより地震のエネルギーを吸収してくれるのです。 Contents1 大和ハウスの軽量鉄骨住宅が熊本地震で倒壊を公表!企業のIR姿勢は評価2 倒壊した物件の状態は?3 大和ハウスは施工物件を地震発生時に確認しに行っていた点は高評価!4 熊本地震で倒壊した2棟の中古一戸建・・・ 鉄骨は「柔」で耐える といった感じでしょうか。 ですので 鉄骨は粘りがある反面 上層階に行けば 揺れ方は大きくなるものと いった特性の違いは あると思います。 あと、「地震に強い」の 捕らえ方ですが、 地震で全く壊れない 建物はないと思います。 賃貸アパートやマンションは、築年数が浅いと見た目や設備面、セキュリティ面でメリットがあります。一方で、築年数の古い物件にも家賃が安い、選択肢が多いなどの長所があり、最近ではリフォームやリノベーションを経て、家賃は安いまま新築同然に住める築古物件も増えています。 はじめまして。数ヶ月後に引っ越しを控え、現在賃貸住宅探しをしています。アパート、マンション、コーポなどになってくると思うのですが、非常に迷っています。というのも住む場所が静岡で、東海地震がとてもこわいからです。地震を考え ご自宅が賃貸住宅なら?借家が倒壊した時の補償はどうなるの!? 賃貸の地震のケアは、一生住む場所でないという認識からか意外と曖昧です。 というわけで、今回はアパートの耐震補強について書いてみたいと思います。 アパート入居者の方はもちろん、物件のオーナーさんも必読です。 アパート経営で意外に頭を悩ますのが保険に関すること。オーナーは利益を出すことに夢中で、火災保険にまで頭が回らないのが正直なところ。今回は「あぱたい」が、火災保険料の仕組みや相場、保険の種類や特約・保険料を安くする方法から経費にする方法まで解説します。 浜松市で重量鉄骨造住宅なら中村建設の家へ。今回は重量鉄骨造住宅についてじっくりご説明します!地震に強い骨組みとは何か、どうすれば地震から家族を守れるのか。皆さんの気になる内容をご紹介。ぜひご覧ください。 木造アパートは、家賃が安いという理由で若い世代から人気です。 しかし木造なので、音漏れ・耐震性などで不安に感じる人も多いようです。 ということで、この記事では木造アパートのメリット・デメリットを紹介しています。 木造アパ […]