参考記事:最近のトレンドは”どんぶり”で金魚を飼う. 2015/06/20 2019/01/01. 実際、小さい水槽で飼うことは非常に難しく、先日紹介した”どんぶりで金魚を飼育する”ことのポイントでも紹介したコツが必要です。 . 金魚を飼育したいので買ってきた!けどすぐに死んでしまった、一週間もたたずに金魚が全滅してしまった・・・そんなことありませんか?もちろん、アクアリウム初心者や金魚飼育の初心者だけだとは思いますが、今回はそのことについて書いてみます。
. メダカは元々田んぼや小さい池などで生活をしていることが多いです。水質には強いメダカですが、水流には意外と弱い生き物です。 そのため、フィルターなどを使って水槽内に水の流れがあるとメダカたちは疲弊して死んでしまうことがあります。 生き物を飼っていると必ずいつか別れの時がやってきます。中でもお魚はとても繊細な生き物のため、前日まで元気に泳いていたのに、朝起きてみたら全滅していた、ということも時として起こりえるのです。水槽のお魚がある日全滅してしまい、とても寂しい思いを

病気などで死んでしまった金魚の処理。 金魚はメダカと違って、死ぬ前に何段階かあって治療すれば 治ることが多いのですが、生き物なので死ぬ時は死にます。 今日、大事にしていた金魚が1匹死んでしまいました。 アルビノ出目金という種類で、飼っている中でも一番可愛い見た目の金魚でした。 死ぬまでの2年半を必死で生きていました 2015年の5月から飼育し始めて、本日2017年11月30日に星になってしまいました。 金魚が死んでしまった後の3つの処理と水槽の処理.