大島紬は、鹿児島県の南にある奄美大島を産地とする絹織物です。紬の一種で、単に「大島」と呼ばれることもあります。また現在は紬糸が使われていないことから、紬ではなく絣(かすり)が正しい表現とされています。 大島紬に適した季節は盛夏以外です。 なかなか難しい見分け方ではありますが、気になる方は確認してみてくださいね! 3.染め方. 大島紬には 「泥染め・白泥染め・泥藍染め・草木染め・正藍染め」 という5種類の染め方があります。 この染め方はそれぞれ使用する素材や工程が違います。 本場大島紬であることを証明する商標登録として 証紙(しょうし) というものがあり、証紙には大きく分けて 産地と製織、染め を示している部分があります。 中央部分の産地証明 には、現在おもに2種類があります。 紬の産地は日本中にあります。それぞれ特徴があります。例えば 地元でとれる植物を使って染色するので、よその地域にない色がでます。糸に特徴があったり、文様に何かの意味がある場合もあります。 証紙の見分け方について. 結城紬の証紙「結マーク」 結城紬の証紙「紬マーク」 この二種類の証紙の内容を見分けれるようになると、その反物がどのような内容な物なのかが、分かるようになります。 そこで今回は、この二種類の証紙の見分け方を紹介します。 紬の見分け方って、ありますか? まず、一番簡単なのが証紙による判別です。自分が気になる紬の証紙を調べそれで判別します。古いもの、新しい物、時代によって証紙は変わっていますのでよくお調べになるといいと思います。

いまさら、着物の生地の見分け方である。僕がわざわざ書かなくても、すでに誰かちゃんとしたものを書いているだろうと、いま、検索してみた。しかあし!充分納得のいくページが、すぐには出てこない。そこで、決定版と長く参照される(はず)のページを書くことにした。 三大紬と呼ばれる結城紬ですが、どのような着物だか理解していない人も少なくありません。そこで今回は結城紬の特徴や柄、本場結城紬や証紙の見分け方などを分かりやすくお伝えします! 本場結城紬の見分け方について (北村初雄) 2014-01-09 08:20:25 結のマーク等は結城の卸商組合(11戸)で付けるシールになります(問屋を通過した品物です)我々生産者には手に入りません。 本場大島紬の見分け方(1)、証紙の読み解き方が少しご理解頂けましたでしょうか? 本場大島紬の見分け方(2)では、「絣の区分と見方」をまとめます。 ↓ブログランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。 日本各地の紬を、産地別にご紹介しています。 紬のコーディネート: 染めの名古屋帯: 織りの着物に染め帯は伝統的なコーディネートです。 洗練された柔らかな雰囲気になります。 織りの袋名古屋帯〔八寸帯〕 紬の帯や博多帯のような八寸帯を合わせると、カジュアルな雰囲気になります。 * � いまさら、着物の生地の見分け方である。僕がわざわざ書かなくても、すでに誰かちゃんとしたものを書いているだろうと、いま、検索してみた。しかあし!充分納得のいくページが、すぐには出てこない。そこで、決定版と長く参照される(はず)のページを書くことにした。