これは 水の量の調整が原因 である事が多いです。 美味しくご飯を炊く為の、簡単な水の測り方! 水の量を測るときには指を使いましょう。 お米を研いで、お米の上にそっと指を置き、 指の第一関節 まで水がくるように量を調節します。 平らにならした お米の上にまっすぐ人差し指を立て、第1関節あたりまでを目安に水加減を調節 する方法もあります。こちらの場合にも、人差し指の先がお米に埋まらないよう、お米の上に人差し指の先を乗せてお水の量を測りましょう。 炊きたてのお米はとてもおいしく、気持ちも満足させてくれます。しかし、いつもと同じ水加減でもお米によって硬さが変わりますよね。今回は、お米と水の割合、さらに手や指を使った計量テクなど、米の水加減に迫ります! 普段、お米一合の重さや、お米を炊く水の量ってあんまり意識していないんですよね。今回は、お米一合は何グラム(g)なのか、お米を炊く際の水の量はどのくらい必要なのか、お米を炊いた後はどのくらいの量になるのかなど、お米に関する数字について書いています。 指以外でも水の量が量れる?! 人差し指以外を使って水を量る方法もありますので、ここでご説明します. 今度使うのは、指ではなく、手のひらです。 お米を研いで、飯盒の中でお米を平らに整えるまでの手順は同じです。 人差し指の第1関節くらいを目安にまで水を入れると、ちょうどいい水の量になります。 こちらの方法も、1度計量して指のどれくらいまでの水の量なのか、確認しておくと安心ですね。 他にも、炊飯のとき計量カップなしで水の量を計る方法があります。 結論からいうと、米の適切な水の量はわからない。 クックパッドにいろいろ書いてありましたけれど、炊飯器によって、炊飯の仕組みが違いますよね。 そのため、お米の炊き方の水の量は、それぞれの炊飯器の説明書に書いてある量を適用しましょう。一般的には、1合に対する水の量は200ml 研いだお米を鍋や土鍋に入れてから、お米が隠れるぐらいの水を入れます。 鍋や土鍋を平な場所に置いて人差し指をお米が触るところまで立てて入れます。 水が人差し指の第一関節の線ぐらいまで入るように調整します。 指でお米の水加減を測る方法 .