社宅賃料を給与から天引きする時の仕訳はどのようになるのでしょうか? よろしくお願いいたします。 いつもお世話になってます。 すみません、教えてください。 社宅賃料を給与から天引きする時の仕訳はどのようになるのでしょうか? 社宅は通常の賃貸料の額を徴収していれば、それを超える額は会社の地代家賃として経費で落とすことができます。役員と従業員それぞれの通常の賃貸料のが額の計算方法を解説いたします。 社員負担の社宅の光熱費を会社が立替えて払う場合、仕訳科目は何になるのでしょう?(光熱費の契約は会社がしています)立替金でしょうか?それとも水道光熱費でしょうか?>やはり流動負債(預り金等)または流動資産(立替金等)の科目 社宅制度を導入して経費にする場合に、最も問題となるのは入居者から受け取る賃料です。 社宅の費用は経費扱いになる? 会社としては、抑えられる税金はできるだけ抑えたいですよね。 そこである疑問が浮かぶのですが、 社宅制度のためにかかった費用は、経費扱いになるのでしょうか? 節税のために知っておきたいこと、知らないと損になることを調べてみました。 社宅は、会社が従業員のために住宅を借り上げて、従業員に貸与する制度です。 会社にとっては福利厚生の手段といえますが、節税対策にもなり、両者にメリットのある制度といえるでしょう。 そんな社宅の家賃ですが、会計上はどのような仕訳をするのが適当でしょうか。 社宅制度を導入すれば役員や従業員の家賃負担を抑えることができ、従業員にとっては福利厚生としても有効です。 社宅を経費にする時のポイント.