夜勤中に眠くなるのが心配な人は昼頃に1〜2時間の仮眠を取ると良いです。 スッキリして活動的に動けるようになります。 さすがに、寝ないでそのまま夜勤に行くのは精神的にもきついですよね。 夜勤が苦手な私が、半年の夜勤専従を乗り切った秘訣を紹介します。 あなたが苦手な夜勤を少しでも快適に過ごすコツが見つかるはず。 看護師の夜勤がきつい13の理由と快適に乗り切るためのコツ10選!

夜勤専従は体力的にも精神的にもきつい。月に2回の生理、大量に発生したニキビ、不眠、自分へのご褒美を買ってしまい貯まらない貯金。夜勤専従として半年働いた私の夜勤にまみれた備忘録。

・夜勤パートナーとのコミュニケーションを取りにくことがつらい シフトが発表された途端、まずチェックするのは誰と一緒の夜勤かどうか! 気難しい先輩か、仕事にまだ慣れない新人か、はてまた夜通しつまらない無駄話をマシンガンのごとくしてくる同期か! 看護師は非常に高収入が期待でき、就職率も高く人気な仕事の一つです。しかし一説には、夜勤などがあり激務とも言われています。ここでは看護師の夜勤の回数や時間、そして給料への手当などを調査し、実際勤務はきついのかどうかをまとめています。 看護師が夜勤をきついと感じるようになるのは、一体いつ頃からでしょうか?もともと夜勤はきついものですが、大体何歳ごろからさらにきつくなるのか、どういう時にきつくなるのかを知っておくと、これからの看護師のキャリア計画に役立ちますよ!

今回の記事では、 「看護師の夜勤がきつい理由と対策法」 についてお話しします。 この記事を書いているわたしは現役看護師で、急性期病棟に約3年半勤務していました。 その約3年半のあいだで夜勤を経験してきたので、その実体験もまじえながら記事を書いていきます。 看護師の夜勤はきつい仕事で大変ですが、どんな夜勤体制や勤務内容なのか紹介しています。夜勤のない職場で働きたくなる理由を、勤務体制や勤務内容を例に挙げてみていきます。看護師の夜勤の現状を自身体験からお話ししているブログです。
寝不足になる. 夜勤の何がきついって寝不足になるところですね。 人間はやっぱり夜寝る生き物なんだなぁと実際に夜勤をやって痛感しました。 昼間寝れば良いじゃんと思う方もいるかもしれません。 僕もそう思っていました。 夜勤がきつい3つの理由.