合成抵抗の計算は直流回路、交流回路の計算をするときの基本になります。合成抵抗の計算は複雑そうに思えますが、基本的には、抵抗が2個の場合の直列接続または並列接続の合成抵抗の求め方さえ分かっていれば、ほとんどの回路の合成抵抗を求めることができます。 テスト開始. テストに出やすい!オームの法則の応用問題まとめ3選. 並列回路の問題。並列回路と直列回路が混じった問題で、並列回路の片方の電流の求め方がわかりません。例えば、電源電圧が12ボルトで直列で4Ω、そのまま並列に分かれて40Ωと10Ω。という回路で、40Ωに流れる電流は何アンペアですかという問題です。 直列回路と並列回路の計算問題です。直列回路、並列回路の電流、電圧の関係、オームの法則を利用します。いろいろな回路の問題を解いて練習するようにしましょう。直列回路電圧 v=v1+v2 電流 a=a1=a2並列回路電圧 v=v1=v2 電流 a=a1+a2計算の例例1)直列回路の場合30Ωに流れる電流も10Ωに流 … 直列・並列複合回路の練習問題: 100 点満点 ( 合格点 70 点 ) 残り時間 制限時間 20 分 . 下図において、ab間の合成抵抗は何Ωか? 7Ω : 9Ω : 10Ω : 15Ω : 26Ω : 問題 2.

テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。 問題 1. 直列回路と並列回路が混合した問題; 直列回路・並列回路で抵抗の数が増える問題 ; が出てくるね。 基本問題をマスターしたら、「オームの法則の応用問題」にもチャレンジしてみよう。 Qikeru:学びを楽しくわかりやすく. 今回はオームの法則を利用した、並列回路での基本的な計算問題とその考え方をまとめました。 並列回路でオームの法則を利用するとき、並列回路での電流・電圧の流れ方、合成抵抗の考え方も理解しておかないといけません。直列回路とは異なるので注意しましょう。