会社の忘年会の幹事を任されたとき、参加者は取引先や同僚になります。忘年会の会場の手配のほか、開催を知らせ出欠をとるための案内文を出すことも重要な仕事です。今回はそんなビジネス文書として忘年会の案内文を書くためのマナーと、わかりやすい例文を紹介します。 社内用案内文メールの表題は2番めに重要です。表題をみてクリックしてもらう必要が有ります。その為、読者である社員の注意を引きつけることが重要になります。 お礼メール「社外」 飲み会・新年会のお礼のメール; 忘年会の挨拶 忘年会の挨拶(幹事・ねぎらいの言葉) 年末の挨拶・年始の挨拶; 他の会合案内 教会の年末年始の集会ご案内; お礼メール「社外」 招待会社の忘年会に参加したときのあいさつ 新年会の案内状、町内会を回覧板で書く場合の文例.

ポイント2)社内用案内文メールの表題.

尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。 〔年末年始休業期間〕 12月xx日( )~1月x日( ) 新年は1月x日( )9:00より営業開始となります。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 題名:新年会のご案内(お知らせでもOK) 本文: 今年も、もうあとわずかとなりました。 年が明けましたら、恒例の新年会を 下記のように開催致します。 ご都合のつく方はご参加くださいませ。 記

宴会を開催することが決まったら、案内文を作成する必要があります。友人との宴会であればメールやlineでの連絡okですが、社内の宴会となると、そうもいきません。きちんとした案内を出すことが、社会人としてのルールとなっています。 忘年会・新年会の時期がやってくると幹事に指名された人は店選びや予算の見積もり・案内状もしくはメール作成・参加者名簿の作成・会費の集金などなどいろいろとやることがいっぱいです。 幹事に指名された人はあたふたしている暇はありません。 新年会の幹事を任されてしまった。年末に向け忙しなくなる日々の中、頭を悩ませる問題がまた1つ。日程の調整、店の手配等々、やることはたくさんあります。しかし、そんな中で意外に困ってしまうのが案内状の文書の存在です。 そもそもどのように書けば良いのか。