欠けの恐ろしさ については以下記事で詳しく紹介しています。 ⇒ 家相の欠けを補う方法はない?張りの効用で運勢を強く大吉相へ ⇒ 鬼門方位に欠けのある家は大きく運勢を落とす危険な家相だ! まず、幅が三尺以内の縁側は、部屋の一部とみなします。 家相 が良いと良い ... している人も多いですが、リフォームなどに適した日に行うといいでしょう。その前に増築 やリフォームをこれから具体的な計画を検討していこうとする時に、 自宅が現在吉相か凶相かしっかりと見極めて いかなければなりません。 対処する方法としては 家相鑑定がベ� 家相の張りと欠け; 各部屋の吉凶 ; 鬼門と裏鬼門; 新築、増築、改築 新築、増築、改築の間取り . 家相が原因で離婚? 吹き抜けが家相に与える影響 掃除で家相の弱点をカバーしよう 一人暮らしで注意!家相のポイント 2階の「欠け」は家相的にどう? 家相的には大凶!三角形の活かし方 パワーストーンで家相を改善! 水回りが裏鬼門に!対策は? 風水、家相的には欠けは全方位で吉は有りませんが、張りは方位によっては吉方が有ります 。 建築士の立場としては方位に関係なく、張り欠きはお薦めしませんが、当設計事務所では風水地学的家相学的な診断と、工学的な判断を統合したバランス良い家相診断を心掛けています 。 増築やリフォーム前に家相を確認しよう. 家相の「欠け」と「張り」について全方位解説!あなたの家は…? 続きを見る ... 外観ng風水⑤ 屋根の上に増築している . 建物のへこんだ部分を「欠け」出っ張った部分を「張り」といいます。家相や風水では欠けは凶、張りは吉とされています。凶となる欠けに対しどのような対策を取れば良いのか?張りと欠けの見方や判断の仕方など、様々な事柄についてわかりやすく解説します 家相や風水では家の中心の出し方が重要です。家の中心が方角や方位を見る上での基点となります。中心が少しズレただけで、鬼門に掛かったり掛からなかったり、違う判定結果が出てしまう事になります。2階建ての場合は、1階と2階で、 それぞれに中心を求めます。 家相の基本は「張りは吉」「欠けは凶」 まずは、張りと欠けがどういったものなのかを説明しましょう。 張りは、 家の出っ張っている部分のことで、家相的によいものとされています。 一方で、へこんだ箇所のことは欠けと呼ばれ、凶相となってしまう悪いものです。 「欠け」の部分を増築したら いいじゃないのか? とも思うところですが、 家というモノは、 そう簡単に増築はできません。 仮に、 増築できたとしても、 継ぎ目の雨漏り対策が大変です。 以下、本文に続く。 開運豆知識. 家相の定義では、程よく出ている個所がある形状を吉相の家(良い家相)、大きく張り出していたり、引っ込んでいたりする家を凶相の家(悪い家相)とします。 張り欠けの見分け方 家相診断(鑑定)と間取り、家相の鬼門・タブーと欠け対策について。玄関・風呂トイレ・台所、土地建物・中古・新築建売住宅の鑑定依頼事例。家相にも欠点があるので過度に左右されないこと、家相鑑定間 … ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 土地選定時のご相談でラッキーアップ ☆. 家相判定に使う方位盤