住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します また引越しした際の「住民票の移動」は、住民基本台帳法で定められております。 移していない場合は 最悪のケースとして「罰金」を課せられる可能性もあります

住民票の写し 住民登録をしている人の住所・氏名・生年月日・本籍・性別・住民となった年月日・世帯主との続柄などを記載したものです。 住民票の除票 市外に引っ越し(転出)したり、亡くなったりして除かれた住民票のことです。 住民票の写しの広域交付請求 横須賀市以外に住民票のある方が、ご自分またはご自分と同一世帯の方の住民票の写しを横須賀市で取得することができます。 ただし、交付される広域交付住民票の写しには、戸籍の表示(本籍・筆頭者)が省略されます。 住民票とは、住民基本台帳法によって市区町村が作成し、管理しているのが住民基本台帳で、 その中に収録されている個人のページのことです。これがいわゆる『住民票の原本』です。 しかし、世の中には『住民票の写し』というものも存在 横浜市内の区役所・行政サービスコーナー等の窓口や、コンビニエンスストアで請求できます。 窓口で取得する場合 窓口に来る方の自動車運転免許証、旅券(パスポート)、マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付き住民基本台帳カードなど写真付きの本人確認書類をお持ちください。 住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取と得か?値段は違う?【土日も可能】 こんにちは。元市民課職員のアキラです。 就職した時や、住宅ローンを組むときなどに必要となる「住民票」。 しかし、