目次. 交通事故の被害に遭ってしまったら、気が動転してどのような対処をとれば良いかわからなくなることが多いです。交通事故後、解決までの流れについて、注意点も合わせて解説します。 1 交通事故発生直後にすべきことは?; 2 治療、通院(入院)開始 ~ 加害者側の保険会社とのやりとり. 交通事故(人身事故)の被害にあったとき、ご自身の怪我の状況と共に気になるのは、最終的な損害賠償金額を決定する「示談交渉」でしょう。納得できる示談にするために、示談交渉の流れから、有利に進めるためのポイントや準備方法を解説していきます。 交通事故示談交渉の森閲覧者へのメッセージ:「交通事故に遭うと、今までのように仕事を続けられなくなったり相手の保険会社の言い分に納得できなかったりして、被害者の方はさまざまなストレスを抱えておられると思います。 加害者対応として最も大切なことは、対人・対物無制限の任意保険に加入しておくことです。まれに自賠責保険のみ加入し、任意保険には加入していない方がいますが、物損事故の場合、自賠責保険は対象 … 2.1 保険会社とのやりとりの流れ; 2.2 治療費 が打ち切られそうになったら弁護士に相談を!; 3 症状固定. 3.1 症状固定の時期は保険会社が決めることではありません! 交通事故を起こしたときの処理の流れ、過失割合・示談交渉などの基礎知識 自動車事故を起こしてしまった場合、加害者側にも被害者側にもやらなければならないことが沢山あります。 交通事故で加害者に弁護士がついてる場合 交通事故が起きた時には、被害者に生じた損害を加害者が支払うことになります。 しかし、加害者側に弁護士がいたならば、過失割合を減らして賠償金の減額を要求してくるかもしれませんし、交渉 […] 交通事故が起きてから無事に示談解決、となるまでにどのような手続きが必要なのか、何が起こるのか、ほとんどの方が分からずに手探り状態だと思います。 「今は一体何をしている状態なのかしら」と不安に思われる方も少なくありません。 交通事故を起こして加害者となってしまったら、 適切な対応をとらないと、さまざまな不利益を受けてしまいます 。 加害者になったら、交通事故直後の対応が非常に重要ですし、その後も刑事事件、示談交渉のそれぞれのシーンで適切な対処をする必要があります。 交通事故で死亡事故が起こった場合には、誰が示談交渉をするのか、どのくらいの賠償金を請求できるのかが問題です。死亡事故の場合、死亡慰謝料や過失割合の点で被害者側が不利になってしまうこともあります。有利に示談交渉を進めて損をしないためには弁護士