中国とのビジネスを始めたい人、中国出張・駐在を控えている人たちに向けて、現地で役立つ情報をq&a形式でご紹介します。第2回は「知らないと恥をかく『食事』と『お酒』のマナー」です。


中国、中華圏の国々の食事マナーっていいますが、日本人の私たちには食べ物を残すのは受け入れがたい食事マナーです。 私たち、残さずに食べることの方がマナーであり、食べ物を無駄にしてはいけない、という共通認識がありますよね? 「中国で食事をする時には少し残すのがマナー」は本当? それとも嘘? こういうのはやはりもう実際に中国人に聞いてみるのが手っ取り早いわけです。 ということで、本当なのかどうか職場にいる中国人数人に聞いてみました。 一方で、孔子が見たら眉をしかめてしまうような、当時からドン引きもの� このブログでは何度も記事にしてきた中国人のマナーですが、 中国人はマナーという言葉を知らないのではないかと思うほど酷いのは確かです。 しかし中国人にとっては「これがマナーだ!」と呼べるものも存在します。 今回はそんな中国人の食事マナーについて紹介します。 そこで中国では全部は食べずに残すのがマナーです。ただし最近はこうした風潮に対して資源の無駄づかいだとやり玉に挙げられています。中国人から食事に招かれたら、周囲の中国人にこのへんの状況を聞いておきましょう。
中国では、「もう十分いただきました」というニュアンスで食べ物を残すのが礼儀という。そのほか、円卓で気をつけたいマナーや日本における「中国料理」と「中華料理」の違いなど、中国料理に関する料理小噺を紹介する。

日本では食事を残すのはマナー違反。 でも中国では、むしろ逆のよう。 中国流のおもてなしは「お腹いっぱいの料理を食べてもらうこと」そのため、料理を振舞ってくれた人に対し、 もう十分ご馳走になり … 「食べ物を残してはいけない」といわれて育った人が多いと思いますが、中国では残すのがマナーです。全部食べてしまうと「これでは足りない」という意味になってしまいます。 【間違いやすいマナー「 … しかし、中国料理や韓国料理の場合は、あえて少し残すのが食事マナーとされています。 全て食べきらず、レンゲ1口分以上を残すことで「残してしまう位、たっぷりもてなしてもらって満足した」ということを示すサインになります。 中国の食事マナーについてまとめました。有名なマナーには「あえて料理を少しだけ残す」というものがありますが、これには「お腹がいっぱいです」という意味が込められています。逆に食べきってしまうと、料理が足りませんでした、という 中国では「いただきます」と同様に「ごちそうさま」という言葉もないので、ご招待されて、お食事でおもてなしされた際は「ちょこっと残す」ことで終わりの意思を示しましょう。

明代まで時代が降ると、むしろ残すと怒られるほどです。 「ちゃんと持ち帰って、親御さんに食べていただくまでが宴でしょっ!」 そういうあたたかい気遣いが、そこにはありました。 地獄のような石崇の贅沢ライフ.