・電話連絡やメールでの連絡が多い. 面接の結果は、電話やメールで連絡されることが多いです。 特に採用の場合は、入社に向けての準備やスケジュール調整などのこともあり、内定者と直接やりとりがしたいという理由があります。 メールで採用通知をする場合について詳しくは→「採用・不採用メールの作り方 電話の場合も【例文付き】」 採用連絡は1週間以内に 選考結果の連絡は面接から 1週間以内に行うのが基本 ですが、人材不足が叫ばれる昨今ではより早まる傾向にあります。 就職やバイトの面接後、採用・不採用の連絡は文書または電話で伝えることが多いと思いますが、不採用の電話をかけるのは採用側としても負担になるでしょう。 今回はそんな電話での言い方やタイミングなど、注意しておきたいポイントをまとめてみました。… 不採用通知、不合格の連絡は書面による連絡を基本とし、 状況によってメールや電話を使い分けると良いと言われていましたが、 現在はメールでのやり取りが一般的。問題はありません。 ただし、用件のみの事務的な文面で不採用通知を出したり、 企業と求職者をつなぐ採用活動メール。内定者のみならず不採用者にも気持ちのこもった合否メールを送りたいものです。ここでは不採用となった応募者に送る「採用面接不採用の連絡メール」例文を紹介 …