Windowsサーバーのリモートデスクトップのセッション数を2つに増やす設定方法。 2019年1月16日. 2020年4月22日 Twitter Facebook Pin it LinkedIn Pocket; スポンサーリンク. Windows Server のリモートデスクトップについて、デフォルトで接続できるのは「2ユーザー」までとなっています。3ユーザー以上の接続に対応するためには、サーバーにリモートデスクトップサービスをインストールし、RDS CAL ライセンスの購入及び、アクティベーションをする必要があります。

リモートデスクトップで2セッション有効にする方法 – Windows Server 2012 R2 サーバー構築やメンテナンスの際、複数人で作業をしていると誰かに奪ったり奪われたり、ということが発生しますが、書きかけのメモや作業中のコンソールがある場合など、もう一度その環境に戻りたいことがあります。

Windows10には、新機能「仮想デスクトップ」が搭載されています。つまり、デスクトップを増やすことができます。 仮想デスクトップを利用し、デスクトップを用途別に使い分けることで、作業効率化が … こんにちは!SE ブログの相馬です。 Windows のリモートデスクトップのツールは 1 サーバー(または 1 デスクトップ)しか使用できませんよね。或いは 1 セッションずつとも言えますかね。 複数セッションを 1 つのリモートデスクトップで使いたいという時ってあるかと思います。

Windows10のリモートデスクトップ接続を許可(有効)にする設定方法を解説します!Windows10のリモートデスクトップ接続がうまくいかないときはファイヤーウォールの設定を確認する必要があります。接続不具合の対処法をマスターしましょう。