パイロットになりたい方はこちら‎ > ‎ パイロット試験合格の為に出来ること(志望者は必ずお読みください) ここまで読んで来たかたはもうパイロットになりたい!

将来パイロットになりたい、そしてゆくゆくは国際パイロットになって様々な国を渡り歩きたいという方多いのではないでしょうか。 国際線パイロットになるには、国内エアラインとして従事するために必要なライセンスに加えて「航空英語能力証明」という資格が必要になります。 親ならば、できるだけ子どもの夢を叶えてあげたいと考えるものでしょう。もし、自分の子どもが飛行機のパイロットになりたいと言った場合には、親はどのような支援を行えばよいのでしょうか。飛行機のパイロットに求められる条件から、子どもに必要な学びを考えてみましょう。 パイロットというと誰もが流暢な英語を話すようなイメージですが、「けっしてそんなことはない」のだとか。ただし英語に関しては2008年から国交省が「航空英語能力検定」を義務化。これもまた不合格では国際線のパイロットとしては失格。 パイロットには一定の英語力が必要不可欠といわれています。ですが英語力といってもどの程度のものが必要なのでしょうか。toeic満点レベル?日常会話ペラペラレベル?などなどパイロットと英語力に関する疑問にお答えしています。 ヘリのパイロットになりたいと思い始めたのは、中学生の終わりごろでした。高校卒業後には免許を取得したいと考えていたのですが、訓練には多額の費用がかかることもあり、両親から反対されました。 私は高校教師の上野洋介(47歳)。 晩御飯が済んでビールを飲みながら、気持ちよくなりながらテレビを見ていると、高校2年生の息子(洋二)が話しかけてきた。 「父さん、俺パイロットになりたいんだ …