みずほ銀行住宅ローンの変動金利型は、 ネット銀行と比べると金利は高め。 店舗や人件費などのコストも多くかかってしまうので、ネット銀行よりも高い金利設定。 ネット住宅ローンの申込ボードは、ネット住宅ローンの申し込み手続きをインターネット上で行えるサービスです。 お客さま専用のマイページで、専任担当者への相談や、審査申し込み、審査結果の確認、提出書類のアップロードが出来るので、来店せずに手続きを行うことができます。 ネット住宅ローンへの借り換えはできますか. 先ほど、みずほ銀行の住宅ローンは、ネットで申込む「ネット住宅ローン」と、店舗で申込む「住宅ローン」の2種類があるとお伝えしました。 両方とも、契約前であれば店舗で相談ができますが、ネット住宅ローンの場合、契約後は 店舗で相談をすることができません 。 みずほ銀行「みずほネット住宅ローン」商品概要説明書(2019年10月1日 現在) 1.商品名: みずほネット住宅ローン: 2.ご利用いただ ける方 (1)以下のすべての条件を満たす個人のお客さま ・満 20 歳以上 71 歳未満で、最終ご返済時の年齢が満 81 歳未満の方 ネット銀行は住宅ローンも扱っていない銀行も多い ため、ご注意ください。 以上、ここまでネット銀行の種類について見てきました。 では、ネット銀行で住宅ローンを組んでも大丈夫でしょうか。 3.住宅ローンはメインバンクで検討するのが原則 みずほ銀行住宅ローンのデメリットまとめ 変動金利型は安くない. ネット住宅ローンと住宅ローンの違いはなんですか; 住宅ローンの借入等の諸費用を知りたい; みずほの住宅ローンの商品にはどのようなものがありますか; 住宅ローンの申し込みには保証人は必要ですか; 銀行に行かなくても住宅ローンの相談ができますか ネット住宅ローンは、事前審査から借り入れまで来店不要で手続きが完結するのに対し、住宅ローンは、申し込みから借り入れまでの手続きをみずほ銀行の店舗で行います。 また、ネット住宅ローンと住宅ローンそれぞれの金利プランを用意しています。 みずほ銀行で借入中の住宅ローンの借り換えにはご利用いただけません。 ネット住宅ローンによるお借り換えは、他の金融機関で借入中の住宅ローンを借り換える場合にご利用いただけます。 詳細表示