ひたすら愚直に過去問を解きまくれ! 分からないことはググる; 奇問、悪問、難問は捨て、取れるところを確実に; ビル管は三種の神器の中では一番取りやすい試験です。 それでいて需要も高く、コスパの良いお買い得資格です。 資格の勉強を開始したらまず最新の過去問に手を付ける人が多いと思いますが、僕は毎回古い方から解いていきます。 この例だと、平成27年度第1回から解きはじめ、平成29年度 第1回 まで 1周 とします。 ひたすら過去問一次試験直前になった,6月ともなると一次試験まで、あと2ヶ月ほどとなります。 ラストスパートの季節ですね。 ここからの勉強が合格するかどうかの大きな分かれ目になります。 資格の試験勉強で行うべき1つのこと . 参考書を開いている時間があるなら、過去問を1問でも多く解いたほうが合格に近づきます。 資格試験の勉強は、過去問から? テキストから? 西: 部長。過去問、過去問言う部長にこれを聞くのもなんなんですけど。過去問とテキストでの資格の勉強でどっちから最初にやったほうがいいですかね。 鬼頭: どっちがいいですか。 結論言います。 資格試験で合格するために行うことは、 「過去問だけを何度も何度も繰り返し解くこと」 です。 解けないうちは、逆に 参考書も必要ありません 。. 1 資格スクエアの過去問の研究は特にスゴイ; 2 宅建士の試験では過去問が特に重要! 2.1 ひたすら過去問を解いて合格した人も居る; 3 2020年以降は過去問が通用しづらくなる!? 4 宅建士試験の過去問解答・解説をしているおすすめサイトは? 4.1 過去問クイズ 『一級建築士の法規が直前なのに全然点数取れない』『法規の解く時間足りなすぎる』と悩んでいて、一級建築士の法規の得点が取れていない方に向けて、1か月で法規の得点を合格ラインまで上げる勉強方法、おすすめの過去問・問題集をご紹介します。