田舎暮らしの我が家では、春になるとわらび・ふき・ぜんまいなどを、山菜採り好きの友人や親せきからたくさん頂きます。 一度に調理しておすそ分けしながら、やっと食べ切るのが恒例なのですが、「冷凍もできる」という話を聞きました。 長い期間かけて食べられるなら、嬉しいですよね。 春の味覚というと筍や山菜がありますが、山菜の中でも代表的なのがぜんまいです。 煮物やナムルで美味しく食べられますが、一体どんな栄養がふくまれているのでしょうか。 また、美味しく食べるためには、あく抜きなどの下処理が必要ですが、どうすればいいのでしょうか。 ぜんまいは、春になると野山に芽生える山菜です。ワラビと並んで人気があり、日本全国で採取できる山菜ですね。きれいな渦巻き型の新芽はとてもユニークで、“銭を巻き”込むような格好をしていることから(その言葉がなまって)“ぜんまい”という名前になったそうです。

2016/11/01 - Pinterest で mountaingreens さんのボード「ぜんまい レシピ」を見てみましょう。。「ぜんまい レシピ、ぜんまい、レシピ」のアイデアをもっと見てみましょう。 「昔懐かしいぜんまいの田舎煮」 惣菜 お惣菜 煮物 和食 通販 冷凍 無添加 手づくり おかわり 簡単 時短 簡単調理 電子レンジ。ぜんまいの田舎煮 100g 1パック 【惣菜 煮物 田舎煮 和食 冷凍食品 冷凍 おかず 無添加 食品 簡単 時短 手作り】 ぜんまいを日持ちさせるコツってあるの? ぜんまいは冷蔵保存、冷凍保存ができますが、もっと日持ちする方法は「乾燥」です。乾燥させたぜんまいは約1年保存することができるのでとても重宝します。 まず、普通の手順でぜんまいのあく抜きをします。 「ぜんまい あく抜き保存」の作り方。道の駅でぜんまい購入。今年も保存用にあく抜きします。 材料:ぜんまい、重曹、水.. 「ぜんまい」の保存方法には、常温・冷蔵・冷凍保存があります。 常温保存するときには、新鮮なうちにあく抜きしてその日のうちに食べてください。 山菜は傷みやすいので常温では長持ちしません。 干した「ぜんまい」は常温で長期間保存できます。

今回は、干しぜんまいの戻し方レシピをご紹介します。今ではすっかり高級品になってしまった国産干しぜんまいですが、少量でも戻すと数倍に膨れます。産直店やネットの山菜屋さんでお買い求め下さい。干しわらびも同じ戻し方なのでぜひご活用ください。 楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「定番おせち ぜんまいの煮物」のレシピページです。ぜんまいは縁起担ぎで切らずに長いまま煮ます。ゆっくりやわらかく煮込むので長くても食べやすく、お弁当のおかずにも便利。。ぜんまいの煮物。