体験ダイビングアドバイス

 

~初めての体験ダイビング~

ダイビングは水中で呼吸ができ、陸上とはまるで違う感覚が味わえます☺
今まで体験したことのない浮遊感!だからこそ、ドキドキと緊張するのも当然のこと。
海の中で楽しんでいただけますように少~しだけ、アドバイスさせていただきますね♪
①リラックスして口呼吸をする    
 ゆっくりと大きな呼吸を常に心がけてください♪
 ⇒ダイビングではレギュレーターという水中で呼吸ができる器材をくわえて常に口呼吸をします。

私たちインストラクター、そしてダイビング器材を信用してください!
大丈夫!レギュレーターからはいつでも空気が吸えるようになっています。
緊張していたりすると、無意識に空気を『吸おう・吸おう』としてしまいますが、大切なのはしっかり息を吐くことです!
しっかり息が吐ければ、体の中に新しい空気が循環します。
 水中では呼吸は止めないこと!
  ⇒水中ではレギュレーターが取れないようにして、常に呼吸を続けてください。
②耳抜き   
 水中で耳などに違和感を感じたら、そのつどこまめに何度も耳抜きをします
⇒水中に潜っていくと、水圧を感じます。鼓膜が水圧で押されて痛くならないように耳抜きをします。

飛行機や山など高いところに行くと耳に違和感を感じますよね?それと同じようなイメージです。
ツバを飲み込んだり、あくびをしたりすると、鼓膜が動くあの感じ。
ダイビングでは鼻をつまんで、ゆっくりと息を送る動作が一般的ですが、そのほかにもいくつかやり方はあります。
 耳が痛いのに、ムリして潜らないこと!
 ⇒耳抜きが出来ていないと、水圧の関係で痛みを感じます。痛みを感じたときには少しだけ上がると、水圧は減少しますので緩和されます。

もし水中で耳が痛くなっても慌てず・深場にいかず、リラックスしてもう一度耳抜きしてみてください。
それでも、耳が抜けない場合は1メートルほど上がってもう一度!
 耳抜きは体調によって左右されます
  ⇒カゼをひいいている時、寝不足、深酒など、体調などによって耳抜きしづらくなります。
ダイビング前にはしっかり睡眠をとって、体調管理にご協力ください♪
ご参加されたお客様にその他にもダイビングを安全に楽しんでいただくため現場でご説明いたしますが、
大切なことはこの2つです♪
                      
 
①潜る前に呼吸の練習をします
心の準備が出来たら、海へ!!
耳抜きをしながら潜ります
慌てず、ゆっくり潜りましょ~
③水中では魚が出迎えてくれます
リラックスして楽しんでください
このエントリーをはてなブックマークに追加